高知県の姓名判断 〜全国の占い屋〜

高知県 姓名判断


高知県 姓名判断



おすすめニュース!



カスタム検索



占いTOP > 姓名判断 > 高知県

縁切寺
TEL : 088-866-1360
住所: 高知県南国市岡豊町滝本1−2
占い館ルナ・マギック
TEL : 088-871-2932
住所: 高知県高知市追手筋2丁目6−10−3F
宗教法人真言宗遍照寺
TEL : 088-844-2723
住所: 高知県高知市朝倉丙1711−5
不二易鑑定所
TEL : 088-825-0965
住所: 高知県高知市中久万303
グリーンあっぷる
TEL : 088-875-0820
住所: 高知県高知市帯屋町1丁目14−13−2F
占い塾・光命館導院
TEL : 088-875-0230
住所: 高知県高知市秦南町2丁目30−23
小牧
TEL : 088-875-0518
住所: 高知県高知市新本町2丁目2−35
其仙庵
TEL : 088-872-1504
住所: 高知県高知市上町1丁目9−10
宗教法人弘法山宝珠院
TEL : 0887-56-3181
住所: 高知県香南市野市町母代寺602−3
長谷地蔵尊
TEL : 0887-33-3183
住所: 高知県安芸郡芸西村西分甲2619


↑ページTOPへ↑
姓名判断とは

姓名判断(せいめいはんだん)とは、人の姓名からその人の性格や人生の趨勢、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気など、一般に運勢として総称される事柄について解釈を与える占いの手法の一つ。

一般的に、人の姓名の字の画数から5つの格数を算出し、それらに与えられた伝統的・経験的な解釈に基づいて解釈を行う。また、生年月日(人物の持つ本来の性質・役割)と、姓名の陰陽二気(身体的調和)、および姓名が発音されるときの音を五行に対応させた際の調和、八卦・九星などの数理との関係、姓名を文として解釈するところの意味などを考慮して、総合的な鑑定を示すことが多い。

五運

以下に示すのは一例であり、実際の占い方は占い師によって微妙に異なる。

天格 (祖格)

姓の総画数。霊数は加えない。祖先運。晩年になるほど、影響力を強める。
天格だけで吉凶は判断しないが、姓と名の格数の関係が、姓名判断においては重要であるとされる。

人格 (主格)

姓の最後と名の第一字を足したもの。主運。姓と名双方の画数を用いることから、姓名の中心、五運の中核を成す。
同一の格数であっても、姓と名からどのような画数が組み合わさっているかによって、その強弱が左右される。
人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与える。

地格

名の画数の合計。一字名でもその人の性格をあらわす。霊数は加えない。
幼年期の運勢をあらわし、人物の成長過程に強い影響を与えるため、性格、才能、金運、適職、性的傾向に関与する。

外格

総格から人格を引いた画数。一字姓、一字名の場合はそれぞれ、霊数を用い 1 を足す。姓も名も一字の場合は 2 を足す。
家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。一字姓、一字名に霊数を加える。

総格

姓名の総画数。霊数は加えない。人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年の運勢に大きく影響する。

霊数

一字姓・一字名の場合に足す数。本来、姓名判断では二文字以上の姓名を前提として鑑定方法が確立されているので、一文字の姓名においては人格・地格・外格の鑑定の際、仮数として1を加えて鑑定する。
この仮数を霊数と呼ぶ。但し、鑑定士によっては霊数を加えず、そのままの数で鑑定する者もいる。ちなみに、どの流派でも総画の判断においては霊数は加えない。
20歳以上の場合のみに霊数を加える流派もある。

凶数

凶意を示す数。ただし、姓名とは強弱の調和が最も重要であり、姓名の一部に凶数を含むことが一般的に「悪い」と解釈されるべきではない。
以下の数字が当てはまる: 2 4 9 10 12 14 19 20 22 26 28 34 43 44 46 49 50 54 55 56 59 60 62 64 66

吉凶数

一般的には1から81までの画数から選択するが、前述の通り強い数ばかりを選んでも逆に凶意を強めることになってしまうので注意が必要である。鑑定家に頼む際も判断する人の学識や人格なども加味されるので、卓越した鑑定家が扱えばその人の道標になるが適当に決められると凶器にもなりうるから鑑定家を選択の際にも十分注意が必要である。

一般的な吉数1、3、5、6、7、8、11、13、15、16、17、18、21、23、24、29、31、32、33、35、37、38、39、41、45、47、48、52、57、61、63、65、67、68、73、75、81以降は1と同じ意味になる。
しかし流派によっては女性には逆に凶数となる場合もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』