一級建築士事務所SAELA・小橋寛志建築空間

一級建築士事務所SAELA・小橋寛志建築空間


一級建築士事務所SAELA・小橋寛志建築空間





カスタム検索



占いTOP > 風水 > 京都府 > 一級建築士事務所SAELA・小橋寛志建築空間

一級建築士事務所SAELA・小橋寛志建築空間

TEL 075-581-4303
FAX 075-581-4308
ホームページ http://www.saela.com/
住所 607-8232
京都府京都市山科区勧修寺福岡町312−403
コメント 皆様のお役にたちます!
業種 イベントプランナー,インテリアデザイン,建設業,住宅建設,建設コンサルタント,建築検査,建築工事,建築設計,商業施設設計,ステンドグラス,風水,リフォーム
PR

詳細地図 下のボタンをクリックしてください



↑ページTOPへ↑
風水とは

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいう。

風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(すなわち死者の居住空間)を「陰宅(いんたく)」と呼んで区別している。そのよろしきを得れば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するという。

古代からの相宅や相墓といった占いの技術が陰陽五行説に基づきつつ総合されて成立した。
風水には地理の別名があり、天文がかっては狭義の天文学と天象を基にした占いのアマルガムであったように、風水も狭義の地理学と地理を基にした占いのアマルガムであった。

そのため風水は大別すると、
(1)地形読破の術である「巒頭(らんとう)」と(2)時間によって変化する天地間の気を判断する「理気(りき)」とに別れる。

(1)巒頭は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法であり、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれる。一方、(2)理気は陰陽五行や八卦、易理(易)、方位など目に見えないもので判断する方法であり、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれる。

ちなみに、現代における風水は、地磁気と人との関係を追究している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』