福岡県の風水 〜全国の占い屋〜

福岡県 風水


福岡県 風水



おすすめニュース!



カスタム検索



占いTOP > 風水 > 福岡県

諏訪神社鑑定室
TEL : 0942-32-7918
住所: 福岡県久留米市諏訪野町14−7
(有)エスオフィスさかもと
TEL : 0942-26-8888
住所: 福岡県久留米市荒木町白口1945−1
さかもと住宅
TEL : 0942-26-2567
住所: 福岡県久留米市荒木町白口1945−1
(有)エスオフィスさかもと
TEL : 0942-26-2567
住所: 福岡県久留米市荒木町白口1945−1
人生総合研究相談所
TEL : 092-325-2708
住所: 福岡県糸島郡二丈町大字福井6064−1
(株)ポラリス
TEL : 092-581-6712
住所: 福岡県春日市小倉1丁目2−1F
天徳堂
TEL : 092-957-1850
住所: 福岡県糟屋郡粕屋町大字長者原289−13
しあわせ堂
TEL : 092-921-7736
住所: 福岡県太宰府市大字吉松256−16
日本推命学館福岡教室
TEL : 092-482-7127
住所: 福岡県福岡市博多区博多駅南2丁目13−18−1106
慈恵堂開運研究所
TEL : 092-475-0012
住所: 福岡県福岡市博多区博多駅東3丁目9−3
ひまわり
TEL : 092-271-2400
住所: 福岡県福岡市博多区築港本町3−1−203
風鈴堂
TEL : 092-403-7657
住所: 福岡県福岡市博多区吉塚8丁目3−8
笹野訓薫
TEL : 092-574-7353
住所: 福岡県福岡市南区井尻4丁目42−13
(有)ゴディス
TEL : 092-715-3033
住所: 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目23−2−1F
箱嶌成風
TEL : 092-761-3685
住所: 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目14−10−801
占いONE/受付専用
TEL : 092-713-8053
住所: 福岡県福岡市中央区天神2丁目4−20−4F
占いONE/電話占い専用
TEL : 092-713-8054
住所: 福岡県福岡市中央区天神2丁目4−20−4F
アスカ
TEL : 092-720-3050
住所: 福岡県福岡市中央区大名2丁目10−31−304
アスカ/電話相談
TEL : 092-720-3055
住所: 福岡県福岡市中央区大名2丁目10−31−304
ラピタ
TEL : 092-715-3616
住所: 福岡県福岡市中央区大名2丁目10−1−A−705
中国古代占い・天山愛占
TEL : 092-712-5166
住所: 福岡県福岡市中央区大名1丁目9−45−412
セイント真理綜合開運事務所
TEL : 092-712-0033
住所: 福岡県福岡市中央区大手門3丁目1−8−303
幸せの館
TEL : 092-711-8989
住所: 福岡県福岡市中央区大濠2丁目4−2−401
迹霊会
TEL : 092-711-8989
住所: 福岡県福岡市中央区大濠2丁目4−2−401
占いの館救世主
TEL : 092-721-0051
住所: 福岡県福岡市中央区今泉2丁目5−25−4F
アトリエ煌LivingDesign
TEL : 092-721-6780
住所: 福岡県福岡市中央区荒戸2丁目4−23−505
礼華
TEL : 092-731-7551
住所: 福岡県福岡市中央区港1丁目4−6−205
夢の途
TEL : 092-851-0355
住所: 福岡県福岡市城南区荒江1丁目24−13−2F
沖津紫陽
TEL : 0940-43-5967
住所: 福岡県福津市若木台5丁目16−11
沖津屋
TEL : 0940-43-5967
住所: 福岡県福津市若木台5丁目16−11
法善寺・癒しの道場
TEL : 093-681-4751
住所: 福岡県北九州市八幡東区祇園3丁目4−7
高島易断本部聖峰館
TEL : 093-641-5488
住所: 福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目8−22−3F


↑ページTOPへ↑
風水とは

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいう。

風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(すなわち死者の居住空間)を「陰宅(いんたく)」と呼んで区別している。そのよろしきを得れば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するという。

古代からの相宅や相墓といった占いの技術が陰陽五行説に基づきつつ総合されて成立した。
風水には地理の別名があり、天文がかっては狭義の天文学と天象を基にした占いのアマルガムであったように、風水も狭義の地理学と地理を基にした占いのアマルガムであった。

そのため風水は大別すると、
(1)地形読破の術である「巒頭(らんとう)」と(2)時間によって変化する天地間の気を判断する「理気(りき)」とに別れる。

(1)巒頭は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法であり、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれる。一方、(2)理気は陰陽五行や八卦、易理(易)、方位など目に見えないもので判断する方法であり、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれる。

ちなみに、現代における風水は、地磁気と人との関係を追究している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』